10月26にちアーサー・ビナードさんの公開こうかい講座こうざ開催かいさいしました

 

10月26にち)、アーサー・ビナードさんによる公開こうかい講座こうざうつくしい日本にっぽんはどこへいくのか」が開催かいさいされました(主催しゅさい放射能ほうしゃのう測定そくていかんがえるかい西東京にしとうきょう後援こうえん西東京にしとうきょう社会しゃかい福祉ふくし協議きょうぎかい/にしとうきょう市民しみん放射能ほうしゃのう測定そくていしょあるびれお)。

アメリカにまれ、大学だいがく卒業そつぎょう来日らいにちして以来いらい詩人しじん俳人はいじん随筆ずいひつ翻訳ほんやくとして活躍かつやくされているビナードさん。ビナードさんは講演こうえん魅力みりょくてきなことでもられていて、当日とうじつ公民館こうみんかん視聴覚しちょうかくしつ満席まんせきとなる盛況せいきょうぶりでした。

 

IMG_0267

 

うつくしい日本にっぽん」という言葉ことばかかげられた講座こうざについて、ビナードさんは「ぼくら人間にんげんのわざではつくせないものが、本当ほんとううつくしさであるのだとおもいます」と、それと逆行ぎゃっこうするような状況じょうきょう――ネオニコチノイドけい農薬のうやく使用しようによってアキアカネ(あかとんぼ)が激減げきげんしている調査ちょうさ結果けっかや、もとはベトナム戦争せんそうもちいられた枯葉かれはざいである「ラウンドアップ」が除草じょそうざいとして普通ふつう日本にっぽん園芸えんげいてんられている現状げんじょう紹介しょうかいされました。

枯葉かれはざいが「ラウンドアップ」という商品しょうひんめい普及ふきゅうしていることや、原爆げんばく原子力げんしりょくこえのよい言葉ことばにより推進すいしんされてきた歴史れきしれながら、ビナードさんは戦争せんそうまれたテクノロジーの利権りけん維持いじされるために、さまざまな「平和へいわ利用りよう」が「ペテン」のもとですすめられていることを指摘してきされました。合成ごうせい洗剤せんざいも、もともとはだいいち世界せかい大戦たいせんぐん用品ようひんとして開発かいはつされたものなのだそうです。

そして、ペテンいままさにもちいられているれいとして、沖縄おきなわ普天間ふてんま飛行場ひこうじょう名護なご辺野古へのこ沿岸えんがんへの「移設いせつ」という言葉ことばげられました。「移設いせつ」は建設けんせつ現場げんば小規模しょうきぼなものをして使つかわれるような言葉ことばだったにもかかわらず、基地きちもちいられています。しかし、その実態じったいは、使つかいづらく土壌どじょう汚染おせんされた普天間ふてんま基地きち手放てばなわりの、うつくしいうみへの巨大きょだいな「しん基地きち建設けんせつ」です。

本質ほんしつとつながった日本にっぽんもどすには、ペテンにひっかからない言葉ことばをあらたにつくっていくことが必要ひつようだとビナードさんはつよくおっしゃいました。

講演こうえんのちには、山田やまだしんさんとの対談たいだん短時間たんじかんながらおこなわれ、充実じゅうじつした講座こうざとなりました。

 

IMG_0283


カテゴリー: これまでの活動かつどう   パーマリンク

コメントはけていません。