6月26にちわいわい寺子屋てらこや放射ほうしゃあたってからだにわるいの?」をひらきました

これまで、としに3かい公開こうかい講座こうざひらいて、放射能ほうしゃのうについてまなんでましたが、今回こんかいはあるびれおの共同きょうどう代表だいひょうの1にんである山田やまだしんさんのはなしいて、参加さんかしゃ全員ぜんいんがざっくばらんに放射能ほうしゃのうについてはなおうという企画きかく=わいわい寺子屋てらこやひらきました。

あるびれおの測定そくていいんふくめて26にん参加さんかしました。

IMG_0135

テーマは「放射ほうしゃあたってからだにわるいの?」です。

山田やまださんは小児科しょうにかで、2011ねん6がつ福島ふくしまんでいるおやたちから相談そうだんにのってしいとたのまれて、どもの健康けんこう相談そうだんかいに2〜3ヶ月かげつごとってました。福島ふくしま現状げんじょうまえて、放射能ほうしゃのう身体しんたいへの影響えいきょうについてはなしをしました。

★☆★☆★☆

放射線ほうしゃせん影響えいきょうについてかたときに、はっきりしているのは全身ぜんしんばくによる急性きゅうせい放射線ほうしゃせんです。3~5Svあびると30から60日間にちかん半分はんぶん人間にんげん死亡しぼうするとされています。東海とうかいむら原発げんぱつ関連かんれん事故じこでは3にんのうち2にん死亡しぼうされました。様々さまざま治療ちりょうによって上記じょうきより長期間ちょうきかんきておられました。それ以外いがい広島ひろしま長崎ながさき原爆げんばく被爆ひばくのデータがありますが、爆風ばくふう熱線ねっせんによる死亡しぼうふくまれているので、放射線ほうしゃせん影響えいきょうとばかりはえません。

てい線量せんりょうばくについてICRPとIAEAが安全あんぜん基準きじゅんつくっており、もの場合ばあい100Bq/Kgは安全あんぜん、100mSv/とし空間くうかん線量せんりょう安全あんぜんっています。しかしICRPもIAEAも中立ちゅうりつ機関きかんとはいえず、原子力げんしりょく産業さんぎょうりなので、これらの基準きじゅん信用しんようできません。

ICRP(国際こくさい放射線ほうしゃせん防護ぼうご委員いいんかい)は原子力げんしりょく産業さんぎょう労働ろうどうしゃ被害ひがいこうむったとき保障ほしょうをしなくてはいけないので、安全あんぜん基準きじゅんつくりました。1928ねんつくった任意にんい団体だんたいです。IAEA(国際こくさい原子力げんしりょく機関きかん)は1957ねん国連こくれん原子力げんしりょく平和へいわ利用りようのためにつくった機関きかんですが、中立ちゅうりつ機関きかんではなくアメリカをはじめとする原発げんぱつ推進すいしんしているくに中心ちゅうしんでやっている機関きかんです。福島ふくしま現状げんじょう視察しさつし「将来しょうらいにわたって、健康けんこう被害ひがいがでない」とっています。しかしこれだけの事故じこ大量たいりょう放射線ほうしゃせん放出ほうしゅつされたのに、将来しょうらい大丈夫だいじょうぶとはとてもいえません。これは被害ひがい隠蔽いんぺいです。

てい線量せんりょうばくについては閾値(これ以上いじょう健康けんこう被害ひがいおこる)をさだめることはできません。

福島ふくしまけん実施じっししている県民けんみん健康けんこう調査ちょうさでは、どもの甲状腺こうじょうせんがんおお発見はっけんされました。甲状腺こうじょうせんがん様々さまざま種類しゅるいがあります。乳頭にゅうとうがん日本にっぽんではおおいのですが、がんくらべて悪性あくしょうひくい。治療ちりょう10ねん生存せいぞんりつは80%です。一方いっぽう、まれにられる分化ぶんかがん場合ばあい進行しんこうはやく、平均へいきん余命よめいは3~6ヶ月かげつです。

日本にっぽんがん統計とうけい正確せいかく実施じっしされていません。従来じゅうらいからわれている甲状腺こうじょうせんがん罹病りびょうりつ(100まんにんについて2人ふたり)は年齢ねんれいひくどもにえることで、成人せいじんふくめると確実かくじつとはえないのです。甲状腺こうじょうせんがん発生はっせいすう全国ぜんこくてきにきちんと調しらべるべきです。

世界中せかいじゅうで1990年代ねんだいなかばから甲状腺こうじょうせんがんえています。原因げんいんはチェルノブイリの影響えいきょう先進せんしんこくではCT撮影さつえい安易あんいおこなわれてこう線量せんりょうびている(10mSv/かい)からともわれています。

福島ふくしまけんでの甲状腺こうじょうせんがん発生はっせい異常いじょう多発たはつというべきでしょうが、福島ふくしまけん以外いがい地域ちいきではどれくらいの甲状腺こうじょうせんがんているのか調査ちょうさをして比較ひかくしなくては、放射線ほうしゃせん影響えいきょうがあると断言だんげんできません。発生はっせい統計とうけいぜん医療いりょう機関きかんわせて甲状腺こうじょうせんがん発生はっせいすう調しらべる)をとる必要ひつようがあることを、厚生こうせい労働省ろうどうしょうもうれて実現じつげんさせなくてはなりません。

日本にっぽん各地かくち地震じしん頻発ひんぱつしています。地震じしんによってだい2の原子力げんしりょく発電はつでんしょのメルトダウンがこる可能かのうせいかんがえて、すべての原子力げんしりょく発電はつでんしょ稼働かどう停止ていしすべきだとかんがえています。

★☆★☆★☆

休憩きゅうけいをはさんで、測定そくていいんから4年間ねんかん、1200けん放射能ほうしゃのう測定そくていおこなってたが、セシウム134は半減はんげんが2年間ねんかんであるため測定そくていがってていること、あるびれおにいてあるナトリウムシンチレーションカウンターでは、正確せいかくがわからない場合ばあいにはゲルマニウム測定そくていでの測定そくてい依頼いらいして、できるだけ正確せいかくりたいとはなしされました。また、じょじょに測定そくてい依頼いらい件数けんすうってている現状げんじょう報告ほうこくされました。

その、3つのグループにかれて、山田やまださんのはなしをきいての感想かんそうい、さらにメンバーをえて原発げんぱつ事故じこもの生活せいかつをつけてきたことを話合はなしあいました。

公開こうかい講座こうざにはない、さっくばらんな雰囲気ふんいきはなしがはずみました。

次回じかいのわいわい寺子屋てらこやに、どうぞ、みなさんご参加さんかください。

 

 

 

 


カテゴリー: これまでの活動かつどう   パーマリンク

コメントはけていません。