11月20にちわいわい寺子屋てらこやひらきました

2016ねん11がつ20日はつか田無たなし中央ちゅうおう公民館こうみんかん視聴覚しちょうかくしつで、放射能ほうしゃのう測定そくていかんがえるかい西にし東京とうきょう主催しゅさいでわいわい寺子屋てらこやひらきました。参加さんかしゃはスタッフをふくめ25めいでした。前回ぜんかいは「放射ほうしゃあたってからだにわるいの?」というはなしでしたが、今回こんかいは「放射能ほうしゃのう面白おもしろ免疫めんえきはなし」というタイトルで小児科しょうにか山田やまだしんさんの講演こうえんきました。

image

******************************
2011ねん6がつから2ヶ月かげつに1かい福島ふくしまにこどもの健康けんこう相談そうだんっている。当時とうじ多数たすう相談そうだんしゃがあったが、その次第しだい相談そうだんしゃすくなくなり、運営うんえいむずかしくなって、昨年さくねんはるわった。その福島ふくしま健康けんこう講座こうざをおこなっている。

日本にっぽんではてい線量せんりょうばくを研究けんきゅうしている専門せんもんはほとんどいなかった。広島ひろしま被爆ひばくしゃ裁判さいばんかかわっている少数しょうすう物理ぶつり学者がくしゃが、これについて研究けんきゅう資料しりょうをもっていたが、医者いしゃすくなかった。2011ねん以後いご来日らいにちしたウクライナ、ベラルーシの医者いしゃたちは、チェルノブイリ事故じこ蓄積ちくせきした健康けんこう被害ひがいについて膨大ぼうだいばくデータをってた。事故じこ直後ちょくごのデータをることは出来できていなかったので、彼等かれら福島ふくしまばくの追跡ついせき調査ちょうさ実施じっしされれば、この空白くうはくめられるとおもっていた。しかし、日本にっぽんではデータが公表こうひょうされていないので、世界せかい共有きょうゆうすることができていない。

放射能ほうしゃのう免疫めんえきよわめるとわれている。原爆げんばく被爆ひばくしゃ被爆ひばくせいなかには、風邪かぜをひいてもなおりがおそかったり、ブラブラびょうばれるような不定ふてい愁訴しゅうそかかえているひとおおい。てい線量せんりょうばくにたいする直接的ちょくせつてき治療ちりょうほうはないので、自然しぜん治癒ちゆりょくたのむしかないのが、現状げんじょうである。
免疫めんえきについて以下いかのような事実じじつがある。
★ 東西とうざいドイツ統一とういつひがしドイツ地域ちいきには貧困ひんこんそうおおいが、アレルギー疾患しっかんすくない。西にしドイツはゆたかだがアレルギー疾患しっかんおおいことがわかった。このをもたらした要因よういん調しらべると、西にしドイツは清潔せいけつにしすぎている、つまり、過剰かじょう除菌じょきんによりアレルギー疾患しっかんえていることがわかった。
★ 従来じゅうらいおこなわれていたアレルギー原因げんいん物質ぶっしつ除去じょきょする方法ほうほうから、むしろ原因げんいんとなるものべさせてらしていこうという治療ちりょうほうわってきている。地産ちさんきえれた食物しょくもつにはアレルギーが関与かんよしないことがおおい。
★ 免疫めんえきの7わりちょうになっているというせつがある。
ちょうない細菌さいきんは100ちょうあるとわれている。善玉ぜんだまきん2わり乳酸菌にゅうさんきんとう悪玉あくだまきん1わり病原びょうげんせい大腸菌だいちょうきん、ウェルシュきん日和見ひよりみきん7わりけられる。
抗生こうせい物質ぶっしつをのみ、下痢げりをするのは、ちょうない細菌さいきん全体ぜんたいってそこにできた隙間すきまそとから病原菌びょうげんきんはいんでくる。善玉ぜんだまきんやすためにヨーグルトをべる。味噌みそ納豆なっとうなどの発酵はっこう食品しょくひんべることがすすめられている。
★ ヘリコバクターピロリは胃癌いがん発症はっしょう関係かんけいがあると証明しょうめいしたフレーザー医師いしはその研究けんきゅうつづけ、ピロリきん身体しんたいはたらきをしている事実じじつ発見はっけんした。

10まんねんまえから人間にんげん身体しんたいなかにいた。胃酸いさん調節ちょうせつして、食道しょくどう胃液いえき逆流ぎゃくりゅうすることをふせいでいる。アメリカでは60さい以上いじょうひとの6わりはピロリきんをもっているが、1990年代ねんだいにはどもの5%しかピロリきんっていない状態じょうたいとなった。そのせいか、としに10%づつ食道しょくどうがんえている。食道しょくどう逆流ぎゃくりゅう現象げんしょうのために呼吸こきゅう疾患しっかんになる場合ばあいがあるが、ピロリきんはそれをふせいでいる。ほかにも、ピロリきんちょうない細菌さいきん肥満ひまん防止ぼうしをしているひとし
***********************************
などの免疫めんえきかんする面白おもしろはなしきました。
その、グループにかれて、講演こうえん内容ないようや、3.11以後いご参加さんかしゃ経験けいけんものについて自由じゆうはないをおこないました。山田やまだしんさんのほんなんさつんでいるほうちいさなおさんれのほうなど、幅広はばひろ世代せだいにご参加さんかいただきました。放射能ほうしゃのう免疫めんえき福島ふくしま現状げんじょう避難ひなんしゃこともの原発げんぱつ問題もんだいなど、それぞれの家族かぞく構成こうせい生活せいかつにより印象いんしょうのこところちがまた共通きょうつうてんがあったのではないでしょうか。
はないの時間じかんみじかく、もっとはなしたい、きたいというおもいがのこったほうおおかったとおもいます。放射能ほうしゃのう問題もんだいはこれからさきずっとかんがえていかなくてはならないもの、ととらえています。今後こんご皆様みなさま一緒いっしょ勉強べんきょうし、かんがえ、行動こうどうしていくこと重要じゅうようさをかんじました。
今回こんかいはお子様こさまおな部屋へや見守みまもりのボランティアとともごしましたが、皆様みなさまあたたかい心遣こころづかいもあり無事ぶじえられたこと感謝かんしゃいたします。

image


カテゴリー: これまでの活動かつどう   パーマリンク

コメントはけていません。