開催かいさい報告ほうこく】9がつ30にち原子力げんしりょく発電はつでんしょはどこまで安全あんぜんか -原発げんぱつ設計せっけいした技術ぎじゅつしゃく-

ひときずつける技術ぎじゅつはゆるされない」

後藤ごとう政志まさしさんの講演こうえん報告ほうこく
放射能ほうしゃのう測定そくていかんがえるかい西東京にしとうきょう主催しゅさいで「原子力げんしりょく発電はつでんしょはどこまで安全あんぜんか」とだいして、もと原子力げんしりょくプラント設計せっけい技術ぎじゅつしゃ後藤ごとう政志まさしさんにおはなしをしていただきました。

はなしは、原子力げんしりょく発電はつでん設備せつび構造こうぞうてき弱点じゃくてんのおはなしだけではなく、それを容認ようにんするエネルギー政策せいさくおよびました。
講演こうえんちゅう後半こうはんで、ブレーキのしきてまいりました。
電源でんげんがなくなるとめられなくなるブレーキと、電源でんげんがなくなることによってまるブレーキのしきでした。

前者ぜんしゃを「かくりつてき安全あんぜん」、後者こうしゃを「確定かくていてき安全あんぜん」とぶそうです。

わたしたちが原発げんぱつ安全あんぜんについてかされてきた内容ないようは「なんじゅうにも安全あんぜん装置そうちがついていて多重たじゅう防護ぼうごされている」とか「いくつものかべがある」というものでした。
しかし、根本こんぽんてきに「かくりつてき安全あんぜん」(電源でんげんがなくなるときかなくなるブレーキ)の立場たちばをとるかぎり、いつかは重大じゅうだい事故じこきます。

多重たじゅう防護ぼうご」を声高こわだか宣伝せんでんするのは、わたしたちをごまかすためだということが、後藤ごとう先生せんせいのおはなしでよくかりました。

講演こうえん質問しつもんコーナーで「自動車じどうしゃでもひとぬのになぜ原発げんぱつだけを問題もんだいにするのか」という趣旨しゅし意見いけんべたほうがいました。
わたしたちもおちいりやすい問題もんだいでした。

しかし、自動車じどうしゃはガソリンがなくなるとまるように設計せっけいされています。家電かでん電気でんきがなくなるとまります。
原発げんぱつだけが、ぜん電源でんげん消失しょうしつによって暴走ぼうそうするのです。そのことを後藤ごとう先生せんせい説明せつめいされていました。
はなしなかにメルトダウンをこし、デブリがコンクリートに到達とうたつすると、さい外壁がいへきのコンクリートもかしてゆくとおっしゃっていました。
資料しりょうにも、制御せいぎょできなくなった原子力げんしりょく出力しゅつりょくは、材料ざいりょう強度きょうどをはるかにえて無限むげんだいとなってしまうことがしめされています。
原子力げんしりょく発電はつでんしょは「電源でんげんがなくなるとまらなくなるブレーキ」とどうじ「かくりつてき安全あんぜん」の設計せっけいとなっています。

そうではなく「確定かくていてき安全あんぜん」の立場たちば設計せっけいしようとすると、原発げんぱつには無限むげん強度きょうど要求ようきゅうされ、無限むげん国民こくみん税金ぜいきん必要ひつようになります。
しかも、そこから国民こくみんられる利益りえきすくなさは、いまうにおよばないものです。
後藤ごとう先生せんせいのおはなし前段ぜんだんで、この「かくりつてき安全あんぜん」の設計せっけい容認ようにんするくに政策せいさくがあること、そしてウエスティングハウスを買収ばいしゅうし、原発げんぱつ事業じぎょうもうとしてたんした東芝とうしば元凶げんきょうもこのくに政策せいさくにあったことを説明せつめいしていただきました。

image


カテゴリー: これまでの活動かつどう   パーマリンク

コメントはけていません。