(Translated by https://www.hiragana.jp/)
瀬山紀子「障害女性と貧困」
HOME > 全文ぜんぶん掲載けいさい

ここをクリックするとページにひらがなのルビがつきます。

障害しょうがい女性じょせい貧困ひんこん

瀬山せやま 紀子のりこ 20090927
障害しょうがい学会がっかいだいかい大会たいかい報告ほうこく 於:立命館大学りつめいかんだいがく


報告ほうこく原稿げんこう
障害しょうがい学会がっかいだい6かい大会たいかいシンポジウム「障害しょうがい貧困ひんこん――ジェンダーの視点してんからみえてくるもの」
2009/9/26@立命館大学りつめいかんだいがく
 瀬山せやま 紀子のりこ
 「障害しょうがい女性じょせい貧困ひんこん

自己じこ紹介しょうかい
東京とうきょう大学だいがく経済けいざい障害しょうがい研究けんきゅう(READ)http://www.read-tu.jp/とくにん研究けんきゅういん
障害しょうがいしゃ欠格けっかく条項じょうこうをなくすかいhttp://www.dpi-japan.org/friend/restrict/
都内とないのいくつかの自立じりつ生活せいかつセンターとう介助かいじょ
・DPI女性じょせい障害しょうがいしゃネットワーク、女性じょせい貧困ひんこんネットワークとう
・+埼玉さいたま県立けんりつ男女だんじょ共同きょうどう参画さんかくセンター事業じぎょうコーディネータ

障害しょうがい女性じょせい貧困ひんこん障害しょうがいしゃ貧困ひんこんという課題かだい
昨年さくねん障害しょうがい学会がっかいで、READ共同きょうどう研究けんきゅうしゃ臼井うすい久実子くみこさんとともに「障害しょうがい女性じょせいはたらくことときることをめぐるしょ問題もんだい障害しょうがい×ジェンダー×労働ろうどう視点してんから」を報告ほうこく(PDF)。その複数ふくすう場所ばしょ障害しょうがい女性じょせい貧困ひんこんをテーマに報告ほうこくおこなってきた。
問題もんだい意識いしき出発しゅっぱつてんは、障害しょうがいしゃ問題もんだいのなかのジェンダーの視点してん欠如けつじょと、貧困ひんこん問題もんだいのなかのジェンダーの視点してん希薄きはくさ。
障害しょうがいしゃ関係かんけいのデータでは、障害しょうがい種別しゅべつ考慮こうりょされるが、ジェンダーは考慮こうりょされないできた。くに統計とうけいなどでも障害しょうがい女性じょせい不可視ふかしされている。そもそも、障害しょうがいしゃかかわる社会しゃかい問題もんだいのなかにジェンダーの視点してんからみた課題かだいがあるのか、ないのかがえてこない。(たとえば、現状げんじょうでは、障害しょうがい基礎きそ年金ねんきん受給じゅきゅうしゃ男女だんじょべつ統計とうけいデータは存在そんざいしない。そのため、年金ねんきん受給じゅきゅうりつ男女だんじょがあるのかどうか、その理由りゆうはなにか、といったことも分析ぶんせき不可能ふかのう

・ ただ障害しょうがいしゃ貧困ひんこん問題もんだいは、所得しょとく保障ほしょうという側面そくめんからも、就業しゅうぎょうというめんからも、現在げんざいつづ多数たすうみがさまざまな立場たちばから模索もさくされてきた分野ぶんや
貧困ひんこんへの対応たいおうさくとしてひとつは「所得しょとく保障ほしょう」がわれ、1986ねん障害しょうがい基礎きそ年金ねんきん制度せいどができた。現在げんざい1きゅう年金ねんきんやく8まんえん。「かさずころさず」の金額きんがく
就労しゅうろうについては、政策せいさくとしては、障害しょうがいしゃ雇用こよう促進そくしんほうによる「一般いっぱん雇用こよう」と、作業さぎょうしょなどの「福祉ふくしてき就労しゅうろう」をすすめる取組とりくみが、障害しょうがいしゃ運動うんどうみとしては、必要ひつよう人的じんてきサポートをえてはたらくことの推進すいしん障害しょうがいゆえの採用さいよう拒否きょひとうへの抗議こうぎしょくよこせ運動うんどう職業しょくぎょうにかかわる欠格けっかく条項じょうこう撤廃てっぱいといったことがおこなわれてきた(関連かんれんポスター発表はっぴょうとして臼井うすい久実子くみこさんによる「「ともにはたらく」の追求ついきゅう――大阪おおさかエリアの障害しょうがいしゃ運動うんどう(1980−90年代ねんだい)を中心ちゅうしんに」がある)。しかし、社会しゃかいのなかで「はたらいて収入しゅうにゅうて」充足じゅうそくした生活せいかつおくるというこころみも、現在げんざいもなお、就業しゅうぎょう環境かんきょう収入しゅうにゅうめんで、多数たすう課題かだいかかえている。
同時どうじに、障害しょうがいしゃ貧困ひんこん問題もんだいにするプロセスのなかで、ジェンダーの視点してんはとりいれられてこなかった。

障害しょうがい女性じょせい貧困ひんこんについての現状げんじょう
障害しょうがいしゃ生活せいかつ実態じったいをジェンダーの視点してんでみることができる調査ちょうさがでてきた(障害しょうがいしゃ生活せいかつ実態じったい調査ちょうさ)。それによれば、障害しょうがい女性じょせい就労しゅうろうりつは、一般いっぱん女性じょせい障害しょうがい男性だんせいくらべても極端きょくたんひくく(28.4%)、年間ねんかん就労しゅうろう収入しゅうにゅうが99まんえん未満みまんひとが7わり、50まんえん未満みまんというひとが5わりのぼる。また、障害しょうがい女性じょせい所得しょとく水準すいじゅんは、障害しょうがい男性だんせい比較ひかくして半分はんぶん以下いかという数値すうちもでてきている(年間ねんかん所得しょとく平均へいきんは、単身たんしん一般いっぱん男性だんせいやく400まんえん女性じょせいが270まんえん障害しょうがい男性だんせいが181まんえん障害しょうがい女性じょせいは92まんえん障害しょうがい女性じょせい男性だんせいのほぼ半額はんがく)。
就労しゅうろうについては、厚生こうせい労働省ろうどうしょうの「障害しょうがいしゃ雇用こよう実態じったい調査ちょうさ(2003ねん)」をさい集計しゅうけいした、「日本にっぽん障害しょうがいしゃ雇用こよう現状げんじょう」をもとに、性別せいべつによる格差かくさかかわるデータ部分ぶぶん抽出ちゅうしゅつすると、労働ろうどう時間じかん大差たいさがない障害しょうがい男女だんじょあいだで、明確めいかく雇用こよう身分みぶん格差かくさがあることがわかっている。
一方いっぽう収入しゅうにゅうめんをみると、正社員せいしゃいんりつが6わりだい障害しょうがい女性じょせいでも、つき16まんえんだいひくく、このがくは、おな年代ねんだい障害しょうがい男性だんせいくらべても極端きょくたんひく数値すうち
以上いじょうかぎられた調査ちょうさ結果けっかから、障害しょうがいしゃ貧困ひんこん問題もんだいかんがえていくさいには、現行げんこう社会しゃかいかかえるジェンダー不平等ふびょうどう社会しゃかい経済けいざいシステムを背景はいけいにした男女だんじょ格差かくさ存在そんざい考慮こうりょする必要ひつようがあること、そして、障害しょうがい女性じょせいがよりまずしい状況じょうきょうかれる可能かのうせいのある集団しゅうだんとして認識にんしきされる必要ひつようがあることがわかった。

・ ただし、おな調査ちょうさのなかに、生殖せいしょく家族かぞくきずいている障害しょうがい女性じょせい平均へいきん所得しょとくは120まんという結果けっかもあり、結婚けっこんしていて無業むぎょうという立場たちば女性じょせい比較ひかくして、障害しょうがい女性じょせい所得しょとくひくいとはれない。これには年金ねんきん手当てあてなどの存在そんざい関係かんけいしているとかんがえられる。

貧困ひんこん問題もんだいへの接合せつごう課題かだい
女性じょせいはたらきは、性別せいべつ役割やくわり分業ぶんぎょう体制たいせい前提ぜんていとする制度せいどのなかで、家計かけい補助ほじょてきなものと位置いちづけられ、不安定ふあんていであっても、てい賃金ちんぎんであっても、問題もんだいされてこなかった。
現在げんざいでもなお、障害しょうがい女性じょせいは、「障害しょうがいしゃ」のように「はたらくことができないひと」とはみなされなくても、「はたらいて収入しゅうにゅう経済けいざいてき自立じりつする」主体しゅたいとみなされない。
げんに、結婚けっこんおっとかせぎをおも収入しゅうにゅう生活せいかつしている女性じょせいたちは数多かずおお存在そんざいする。そしてそうしたライフコースを選択せんたくさせる税制ぜいせいなどが現在げんざいもあり、それら制度せいど裏付うらづけされた男女だんじょ賃金ちんぎん格差かくさ性別せいべつ職務しょくむ分離ぶんりが、そして家計かけい補助ほじょてき労働ろうどうりょくとしてパートタイム労働ろうどうをはじめとした正規せいき雇用こよう女性じょせい選択せんたくさせる政策せいさくつづけられている。
障害しょうがい女性じょせいふくめた女性じょせいは、はたらいて収入しゅうにゅうたとしても、生涯しょうがいにわたって自立じりつした生活せいかつができる賃金ちんぎん保障ほしょうされないでたりまえなポジションにおかれている。こうした制度せいどがもたらす個人こじんへの影響えいきょう社会しゃかいへの影響えいきょうきわめておおきいものだとおもわれる。

・ そうした女性じょせい一般いっぱんあつかわれかたがあるなかで、障害しょうがい女性じょせいはどうきているのか。
・ ある障害しょうがい女性じょせいは、どものころに、障害しょうがいゆえに結婚けっこんできない(=べていけない)という理由りゆうで、「しょく」をつけて一生いっしょう自分じぶんべていけるようにしないといけないとわれる経験けいけんをしている。同様どうよう経験けいけん障害しょうがい女性じょせいへのききとりでもかれた。しかし実際じっさいには、しょくをつけても、十分じゅうぶん就労しゅうろう収入しゅうにゅうることができているとはえない。また、障害しょうがい女性じょせいかぎらず、すくなくとも現在げんざいは、結婚けっこんをすることが、女性じょせいにとって、経済けいざいてき保障ほしょうにはならない場合ばあいえている。
・ また、結婚けっこんという排他はいたてき関係かんけいせい自体じたいのリスクもたかい。たとえば、近年きんねん問題もんだいされてきているDVというれいをみてもそれはあきらか。2008ねん内閣ないかくおこなった調査ちょうさによれば、結婚けっこん経験けいけんした女性じょせいの5にん一人ひとりは、身体しんたいてき暴力ぼうりょくけたことがあるという結果けっかがでている。現在げんざい、それをしめすデータはないが、障害しょうがい女性じょせいにおいても、例外れいがいではないとかんがえられる。被害ひがいけた女性じょせいは、加害かがいしゃもとはなれることができたとしても、その経済けいざいてきなリスクが非常ひじょうにおおきい。内閣ないかくが2006ねんっているDV被害ひがいしゃ自立じりつ支援しえんかんする調査ちょうさによれば、配偶はいぐうしゃもとはなれて自立じりつして生活せいかつしているもと被害ひがいしゃの6わり以上いじょう(66.5%)が、生活せいかつ保護ほご児童じどう扶養ふよう手当てあてふく月収げっしゅう15まんえん未満みまん状態じょうたいかれている。

・ こうした社会しゃかいのなかで女性じょせいかれている位置いちは、障害しょうがいという視点してんはいってくるとより複雑ふくざつになる。たとえば、障害しょうがい男性だんせい障害しょうがい女性じょせいといった関係かんけい、またはそのぎゃく関係かんけいのなかで、ジェンダーという要素ようそ障害しょうがいという要素ようそ、さらにそれ以外いがい社会しゃかいてき立場たちばがどう関係かんけいしてくるのか、ということを、よくていく必要ひつようがある。
とくに「障害しょうがい」という要素ようそは、ケアや合理ごうりてき配慮はいりょとしての人的じんてき補助ほじょ必要ひつようとする場合ばあいまねくことがおおく、ケアという領域りょういきがジェンダーと密接みっせつかかわる課題かだいふくんでいるということからも、ジェンダーと障害しょうがいはなせない。
・ ホームヘルパーの9わり女性じょせいであり、そのおおくは正規せいき不安定ふあんていてい賃金ちんぎん雇用こようはたらいている。ホームヘルパーにかぎらず、介助かいじょしゃ通訳つうやくしゃなどの人的じんてき補助ほじょ仕事しごとをしているひと女性じょせい割合わりあいたかく、身分みぶん不安定ふあんていである場合ばあいおおい。家族かぞくとく女性じょせい親族しんぞくなどによる「無償むしょう労働ろうどう」としてのケアが必要ひつようをベースにつづけられている。

展望てんぼう(シンポジウムの討議とうぎまえてかんがえていきたいところ)
・ それぞれのひとが、障害しょうがい有無うむ性別せいべつにかかわらず、一定いってい安定あんていて、尊厳そんげん保障ほしょうされた状況じょうきょうで、社会しゃかいかかわりながららす生活せいかつ展望てんぼうするにはなにが必要ひつようなのかをかんがえたい。


参考さんこう資料しりょう
調査ちょうさ統計とうけいとう
障害しょうがいしゃ職業しょくぎょう総合そうごうセンター2007『日本にっぽん障害しょうがいしゃ雇用こよう現状げんじょう −平成へいせい15年度ねんど障害しょうがいしゃ雇用こよう実態じったい調査ちょうさ厚生こうせい労働省ろうどうしょう)から−』(障害しょうがいしゃ職業しょくぎょう総合そうごうセンター資料しりょうシリーズ38) 障害しょうがいしゃ職業しょくぎょう総合そうごうセンター
勝又かつまた幸子さちこ2008『障害しょうがいしゃ所得しょとく保障ほしょう自立じりつ支援しえん施策しさくかんする調査ちょうさ研究けんきゅう 平成へいせい17-19年度ねんど調査ちょうさ報告ほうこくしょ平成へいせい19年度ねんど総括そうかつ研究けんきゅう報告ほうこくしょ』(厚生こうせい労働省ろうどうしょう科学かがく研究けんきゅう補助ほじょきん 障害しょうがい保険ほけん福祉ふくし総合そうごう研究けんきゅう事業じぎょうH17-障害しょうがい-003)国立こくりつ社会しゃかい保障ほしょう人口じんこう問題もんだい研究所けんきゅうじょ
内閣ないかく男女だんじょ共同きょうどう参画さんかく会議かいぎ 監視かんし影響えいきょう調査ちょうさ専門せんもん調査ちょうさかい 2009「あらたな経済けいざい社会しゃかい潮流ちょうりゅうなか生活せいかつ困難こんなんかかえる男女だんじょについて とりまとめにけた論点ろんてん整理せいり内閣ないかく
内閣ないかく男女だんじょ共同きょうどう参画さんかくきょく 2009「男女だんじょあいだにおける暴力ぼうりょくかんする調査ちょうさ内閣ないかく
内閣ないかく男女だんじょ共同きょうどう参画さんかくきょく 2007「配偶はいぐうしゃからの暴力ぼうりょく被害ひがいしゃ自立じりつ支援しえんとうかんする調査ちょうさ内閣ないかく

障害しょうがい女性じょせい労働ろうどう関連かんれん文献ぶんけん
伊藤いとう智佳子ちかこ 2004『女性じょせい障害しょうがいしゃとジェンダー』いちきょう出版しゅっぱん
臼井うすい久実子くみこ 2008「女性じょせい少女しょうじょにもけて」『権利けんり条約じょうやく社会しゃかいえたい』福祉ふくし新聞しんぶんしゃ
――――― 2009「ジェンダー×女性じょせい×障害しょうがい ふくあい差別さべつ課題かだいかんがえる」『DPI-われら自身じしんこえ』Vol.25-1、DPI日本にっぽん会議かいぎ[25-29]
臼井うすい久実子くみこ瀬山せやま紀子のりこ2008「障害しょうがい女性じょせいいま 障害しょうがいがある女性じょせい貧困ひんこんについて」『DPI-われら自身じしんこえ』Vol.24-3、DPI日本にっぽん会議かいぎ
―――――――  2008「障害しょうがい女性じょせいはたらくことときることをめぐるしょ問題もんだい障害しょうがい×ジェンダー×労働ろうどう視点してんから」(2008ねん障害しょうがい学会がっかい報告ほうこく
―――――――  2009「障害しょうがい女性じょせい貧困ひんこん」『おんなたちの21世紀せいき』No.57(2009ねん3がつ)アジア女性じょせい資料しりょうセンター[25-27]
―――――――  2009「ジェンダーの視点してんからみた障害しょうがいしゃ貧困ひんこん」『福祉ふくし労働ろうどう』No.123現代書館げんだいしょかん
――――――― 2009「Issues regarding the Lives and Work of Women with Disabilities in Japan: From the Viewpoint of Disability, Gender and Work」Read Discussion Paper(F-08-05)  http://www.read-tu.jp/dp/f08/f0805.pdf
瀬山せやま紀子のりこ2006「国連こくれん施策しさくなか障害しょうがい女性じょせい 不可視ふかしされてきた対象たいしょうからニードの主体しゅたいへ」『F-GENSジャーナル』NO.6,おちゃ水女子大学みずじょしだいがく21世紀せいきCOEプログラムジェンダー研究けんきゅうのフロンティア(F-GENS)[63-69]
つつみ愛子あいこ1991「のびやかな「自立じりつ生活せいかつ」と「労働ろうどう」をめざして」、小倉おぐらとしまる大橋おおはし由香子ゆかこはたらく/はたらかない/フェミニズム』あおゆみしゃ[287-297]
平野ひらのみどり2007「女性じょせい障害しょうがいしゃ自立じりつできるしくみづくりを」『おんなたちの21世紀せいき No.52』アジア女性じょせい資料しりょうセンター[46-48]
松波まつなみめぐみ2007「障害しょうがいをもつ女性じょせい経験けいけんから、「ふくあいてき抑圧よくあつ」をかんがえる」『ヒューマンライツ』No.234、社団しゃだん法人ほうじん部落ぶらく解放かいほう人権じんけん研究所けんきゅうじょ


作成さくせい
UP:20090921 REV:
全文ぜんぶん掲載けいさい  ◇障害しょうがい学会がっかいだい6かい大会たいかい  ◇障害しょうがい学会がっかいだい6かい大会たいかい報告ほうこく要旨ようし
TOP HOME (http://www.arsvi.com)