(Translated by https://www.hiragana.jp/)
ビザンツ帝国の日食記録から地球の自転速度変化をたどる - アストロアーツ

ビザンツ帝国ていこく日食にっしょく記録きろくから地球ちきゅう自転じてん速度そくど変化へんかをたどる

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビザンツ帝国ていこく観測かんそくされた皆既かいき日食にっしょく記録きろく精査せいさすることで、これまでがかりがすくなかった4~7世紀せいきにおける地球ちきゅう自転じてん速度そくど変動へんどうが、従来じゅうらいより正確せいかく復元ふくげんされた。

【2022ねん9がつ22にち 筑波大学つくばだいがく

地球ちきゅう自転じてんすこしずつおそくなっているが、その変化へんか一定いっていではない。そこで、過去かこ地球ちきゅう自転じてん速度そくど正確せいかくるために活用かつようされるのが、ふる皆既かいき日食にっしょく観測かんそく記録きろくだ。地球ちきゅうじょうのどこで皆既かいき日食にっしょくられるかは自転じてん速度そくどによってわるため、正確せいかく観測かんそく時間じかんかた記録きろくされていれば、そこから当時とうじ地球ちきゅう自転じてん速度そくど計算けいさんできる。

しかし、ふる時代じだいになるほど観測かんそく記録きろくのこ場所ばしょかたよりがちで、記録きろくかずすくなくなりがちだ。また、記録きろく信憑しんぴょうせいという問題もんだいもある。西暦せいれき4世紀せいきから7世紀せいきにかけては、ひがし地中海ちちゅうかい沿岸えんがんさかえたビザンツ(ひがしローマ)帝国ていこく皆既かいき日食にっしょく観測かんそくされたことがられているものの、その記録きろく幾重いくえもの引用いんよう翻訳ほんやくつたわっているため、信頼しんらいせい評価ひょうかむずかしかった。そのためビザンツ帝国ていこく記録きろくはこれまであまり計算けいさん使つかわれておらず、4~7世紀せいき地球ちきゅう自転じてん速度そくどについては不確ふたしかさがのこっていた。

名古屋大学なごやだいがく高等こうとう研究けんきゅういん早川はやかわ尚志ひさしさんたちの研究けんきゅうチームは、ビザンツ帝国ていこく皆既かいき日食にっしょく記録きろく調査ちょうさし、その内容ないよう歴史れきしがくてきおよび文献ぶんけんけんじ学的がくてき検証けんしょうした。その結果けっか、ギリシア古代こだいエチオピア(ゲエズ)などの史料しりょうから、一定いってい信頼しんらいせいゆうする皆既かいき日食にっしょく記録きろく5けん(346ねん、418ねん、484ねん、601ねん、693ねん)をつけした。

『年代記』中の皆既日食の記述
ニキウのヨハネによる『年代ねんだい』の手書てが写本しゃほん(British Library, Or 818, fol. 92r)のなかで、601ねん3がつ10日とおかにアンティオキア(げんトルコ)で観測かんそくされたとかんがえられる皆既かいき日食にっしょく記述きじゅつ記載きさいされたページ(提供ていきょう筑波大学つくばだいがくリリース)

検証けんしょう結果けっか従来じゅうらい断片だんぺんてき日食にっしょく掩蔽えんぺい記録きろくをおおむね支持しじするもので、4~7世紀せいき地球ちきゅう自転じてん速度そくど精度せいど向上こうじょうさせることに成功せいこうした。これにより、地球ちきゅう自転じてん速度そくど減少げんしょうは、4世紀せいきから5世紀せいきはじめにかけてはごくゆるやかになり、5世紀せいきちゅうごろから7世紀せいきにかけて比較的ひかくてききゅうペースになっていた可能かのうせい示唆しさされた。

西暦4~7世紀ごろの地球自転速度の変化
西暦せいれき4~7世紀せいきごろの地球ちきゅう自転じてん速度そくど変化へんかたてじく不変ふへんのペースできざまれる時刻じこく地球ちきゅう)と地球ちきゅう自転じてんもと定義ていぎした時刻じこく世界せかい)のΔでるたT、よこじく西暦せいれきねん自転じてん速度そくど変化へんかにより過去かこほどΔでるたTがおおきく、ななめのくろせん従来じゅうらい研究けんきゅうによるその推定すいてい当時とうじ観測かんそく記録きろくから算出さんしゅつされるΔでるたTの範囲はんいしめされており、あか今回こんかい追加ついかされたデータ(提供ていきょう:Hayakawa, Murata, and Soma 2022)

今回こんかい成果せいかは、地域ちいきどう時期じき観測かんそくされた日食にっしょくなどの評価ひょうかにももちいることができる。 たとえば、『日本書紀にほんしょき』や『ずいしょ』にしるされている628ねん皆既かいき日食にっしょくや616ねん金環きんかん日食にっしょく記録きろくは、従来じゅうらいその信憑しんぴょうせい疑問ぎもんされていたが、今回こんかい検討けんとうされた601ねんのアンティオキアにおける皆既かいき日食にっしょく記録きろく符合ふごうすることがあきらかになった。

従来じゅうらい研究けんきゅうでは、4~7世紀せいき前後ぜんこうには地球ちきゅう自転じてん速度そくどはほぼ単調たんちょう減少げんしょうしていたとされていたが、今回こんかい成果せいかによれば再考さいこう余地よちがある。過去かこにおける地球ちきゅう自転じてん速度そくど長期ちょうき変動へんどう正確せいかくもとめることは、海面かいめん変動へんどうや、地球ちきゅう内部ないぶのマントルとそとから相互そうご作用さようなど、長期ちょうきてき地球ちきゅう環境かんきょう変動へんどう理解りかいにもつながる。また、天文てんもん現象げんしょうむすけられた歴史れきしてき事件じけんや、そうした天文てんもん現象げんしょう記録きろくとしてのこした社会しゃかい特徴とくちょうなどについての知見ちけんられると期待きたいされる。

関連かんれん記事きじ