原文げんぶん英語えいごで、これはその翻訳ほんやくです。

非公式ひこうしき翻訳ほんやく

非公式ひこうしき翻訳ほんやくかんする情報じょうほう

FSFはライセンスの翻訳ほんやく公式こうしき有効ゆうこうなものとして承認しょうにんしません。その理由りゆうは、それらをチェックするのが困難こんなん費用ひようたかくつくからです(ほかのくにの、ふたつの言語げんご使つかいこなせる弁護士べんごしたすけが必要ひつようとなります)。さらにわるいことに、もしあやまりがまぎむと、結果けっかとして自由じゆうソフトウェアのコミュニティ全体ぜんたい災厄さいやくをもたらしかねません。翻訳ほんやく非公式ひこうしきなものであるかぎり、あやまりがなんらかの法的ほうてきがいすことはありません。

これらの翻訳ほんやく公式こうしき有効ゆうこうではないことを強調きょうちょうするために、わたしたちは翻訳ほんやく発行はっこうしません。明確めいかくにすることをたすけるために、gnu.org やほかのGNUやFSFのウェブサイトには掲載けいさいせず、リンクするだけです。

翻訳ほんやくへのリンクをここにしめ目的もくてきは、おおくのひとがわたしたちのライセンスを理解りかいする一助いちじょとなるようにです。そうなるように、翻訳ほんやくはたとえ完全かんぜんではなくても基本きほんてき正確せいかくである必要ひつようがあります。翻訳ほんやくをつくるには、コピーレフト自由じゆうソフトウェアの定義ていぎなどの基本きほんとなるかんがかた十分じゅうぶん理解りかいしていることが重要じゅうようになります。このため、翻訳ほんやく貢献こうけんしたいというほうは、このかんがかたをしっかりと理解りかいし、文書ぶんしょてくるそのほかの理念りねん原則げんそくにも同様どうようによくわかるようにするべきです。

下記かき条件じょうけんたす場合ばあい、わたしたちはGNUのライセンスの、ほかの言語げんごへの翻訳ほんやく公開こうかいすることを許可きょかします。

  1. 翻訳ほんやく正式せいしきバージョンの法的ほうてき代替だいたいぶつとみなしてはならないことを人々ひとびとつたえるため、あなたの翻訳ほんやく非公式ひこうしきなものであることをしめすこと(その方法ほうほう下記かき参照さんしょう)。
  2. わたしたちがGNUのほかの支持しじしゃからいて翻訳ほんやくをより明確めいかくにするために変更へんこう必要ひつようかんがえるさいには、わたしたちのもとめにおうじて変更へんこうくわえることに同意どういする。
  3. 翻訳ほんやく商業しょうぎょうサイトにホスティングされない、また、どの会社かいしゃ参照さんしょうしない。
  4. 翻訳ほんやくせるページはfsf.orgとgnu.org以外いがいへのリンクがあるべきではない。ほかの自由じゆうソフトウェアパッケージへのリンクは容認ようにんするかもしれませんが、けたいところです。
  5. あなたの翻訳ほんやく(とその変更へんこうばん)にたいして下記かき告知こくちしめしてその条項じょうこうあかりかにし、ほかのひとが、コピー、変更へんこうさい発表はっぴょうすることをみとめること: “You may publish this translation, modified or unmodified, only under the terms at http://www.gnu.org/licenses/translations.html.”

修正しゅうせいむずかしい過去かこのものをいだケースでは、上記じょうきのルールにちいさな例外れいがいみとめることがあります。

ある言語げんごかんしてわたしたちがっているすべての非公式ひこうしき翻訳ほんやくたいしてリンクするとはかぎりません。たとえば、ある非公式ひこうしき翻訳ほんやくがわたしたちがっていて信頼しんらいしている自由じゆうソフトウェア団体だんたいでなされた場合ばあい、その翻訳ほんやくにリンクし、ほかにはしないでしょう。そういった場合ばあいでも、なお、それを公式こうしきとすることはできませんが、おそらくだいたいただしいと期待きたいします。

あなたの翻訳ほんやく非公式ひこうしきなものであることを明示めいじするため、翻訳ほんやく冒頭ぼうとうには以下いか文面ぶんめん英語えいごと、翻訳ほんやくする言語げんご併記へいきするようおねがいします。「言語げんごめい」というところは翻訳ほんやくした言語げんごめいで、「GNU一般いっぱん公衆こうしゅうライセンス」と“GPL”のところは翻訳ほんやくする言語げんごで、(GPLでない場合ばあい)その名前なまえ省略形しょうりゃくけいえてください。

This is an unofficial translation of the GNU General Public License into language. It was not published by the Free Software Foundation, and does not legally state the distribution terms for software that uses the GNU GPL—only the original English text of the GNU GPL does that. However, we hope that this translation will help language speakers understand the GNU GPL better.

以下いかはGNU一般いっぱん公衆こうしゅうライセンスの非公式ひこうしきな「言語げんごめいわけです。これはフリーソフトウェアファウンデーションによって発表はっぴょうされたものではなく、GNU GPLを使つかったソフトウェアの配布はいふ条件じょうけん法的ほうてき有効ゆうこうかたちべたものではありません。配布はいふ条件じょうけんとしてはGNU GPLの英語えいごばんテキストで指定していされているもののみが有効ゆうこうです。しかしながら、わたしたちはこの翻訳ほんやくが「言語げんごめい」を使用しようするひとびとがGNU GPLをより一層いっそう理解りかいするたすけとなることをのぞんでいます。

(どのライセンスでも)翻訳ほんやくしたほうは、ぜひGNU翻訳ほんやくマネージャ<web-translators@gnu.org>まで連絡れんらくください。あなたの翻訳ほんやく上記じょうきのガイドラインにしたがっていることを確認かくにんしたのち、このページからリンクをることになります。

GNU一般いっぱん公衆こうしゅうライセンス、バージョン3

GNUアフェロ一般いっぱん公衆こうしゅうライセンス、バージョン3

GNU劣等れっとう一般いっぱん公衆こうしゅうライセンス、バージョン3

あたらしい非公式ひこうしきのチェコとスロバキア翻訳ほんやくをどなたかが作成さくせいすることを希望きぼうします。過去かこつくられたものがありますが、その翻訳ほんやくしゃはそれを商業しょうぎょうサイトを宣伝せんでんするために使つかいました。ですから、わたしたちはそれにリンクをしたくありません。

GNU自由じゆう文書ぶんしょライセンス、バージョン1.3

FLD1.3は2008ねん11月3にちにリリースされました。FDL 1.2にたいする比較的ひかくてきちいさな変更へんこうです。おも変更へんこうてんは、セクション9の改訂かいていとセクション11の追加ついかだけです。ですから、FDL 1.2の翻訳ほんやくはFDL 1.3の理解りかいにも役立やくだつでしょう。このふたつのはんちがいについては、わたしたちのFAQをごらんください。

あたらしい非公式ひこうしきのチェコとスロバキア翻訳ほんやくをどなたかが作成さくせいすることを希望きぼうします。過去かこつくられたものがありますが、その翻訳ほんやくしゃはそれを商業しょうぎょうサイトを宣伝せんでんするために使つかいました。ですから、わたしたちはそれにリンクをしたくありません。

進行しんこうちゅう翻訳ほんやく

下記かきしめ翻訳ほんやく作業さぎょう進行しんこうちゅうです。手伝てつだいたい場合ばあい、そのひと/チームに連絡れんらくしてください。

GNUライセンスの例外れいがい非公式ひこうしき翻訳ほんやく

GCCランタイム・ライブラリ例外れいがい、バージョン3.1

GCC RLE3.1は2009ねん3がつ31にちにリリースされました。GCC RLE 3.0にたいする比較的ひかくてきちいさな変更へんこうです。ですから、GCC RLE3.0の翻訳ほんやくはバージョン3.1の理解りかいにも役立やくだつでしょう。

あたらしい非公式ひこうしきのチェコとスロバキア翻訳ほんやくをどなたかが作成さくせいすることを希望きぼうします。過去かこつくられたものがありますが、その翻訳ほんやくしゃはそれを商業しょうぎょうサイトを宣伝せんでんするために使つかいました。ですから、わたしたちはそれにリンクをしたくありません。

GNU Autoconf Configure Script例外れいがい、バージョン3

  • [pt-br] ブラジルポルトガルやくのGNU Autoconf Configure Script例外れいがい (HTML, Markdown, PDF, ODT)

あたらしい非公式ひこうしきのチェコとスロバキア翻訳ほんやくをどなたかが作成さくせいすることを希望きぼうします。過去かこつくられたものがありますが、その翻訳ほんやくしゃはそれを商業しょうぎょうサイトを宣伝せんでんするために使つかいました。ですから、わたしたちはそれにリンクをしたくありません。