(Translated by https://www.hiragana.jp/)
5分でわかる源氏物語!紫式部が描く平安時代の貴族社会を解説 | ホンシェルジュ

5ふんでわかる源氏物語げんじものがたり紫式部むらさきしきぶえが平安へいあん時代じだい貴族きぞく社会しゃかい解説かいせつ

更新こうしん:2017.10.27

世界せかい最古さいこ長編ちょうへん小説しょうせつともわれる『源氏物語げんじものがたり』。光源氏ひかるげんじ主人公しゅじんこうにして、作者さくしゃ紫式部むらさきしきぶなにえがきたかったのでしょうか。ただの平安へいあん貴族きぞく恋愛れんあいストーリーだけではない、『源氏物語げんじものがたり』をるためのほんわせて紹介しょうかいします。

ブックカルテ リンク

古典こてんちゅう古典こてんである長編ちょうへん小説しょうせつ源氏物語げんじものがたり』とは

源氏物語げんじものがたり』は平安へいあん時代じだい中期ちゅうきの1008ねんごろ成立せいりつした長編ちょうへん小説しょうせつ。20ヶ国かこく以上いじょう言語げんご翻訳ほんやくされ、世界せかいてきにもたか評価ひょうかけています。

作者さくしゃ女性じょせい歌人かじん作家さっか紫式部むらさきしきぶで、『源氏物語げんじものがたり』は彼女かのじょのこした唯一ゆいいつ物語ものがたり作品さくひんです。

およそ70年間ねんかんにおよぶ時代じだいえがき、文字数もじすうはおよそ100まん、タイトルのみの「くもかくれ」をふくめてぜん54じょうまき)からっています。(巻数かんすうについては諸説しょせつあり)

登場とうじょう人物じんぶつは500にんほどで、かれらの心情しんじょうそくした795しゅ和歌わかまれており、ぜんじょう紫式部むらさきしきぶによる執筆しっぴつではないのではないかというせつもあります。

これも諸説しょせつありますが、3構成こうせいかんがえるのが一般いっぱんてきです。

 

  • だい1:「きりつぼ」から「ふじうら」まで。主人公しゅじんこう光源氏ひかるげんじ誕生たんじょう栄光えいこうえがいている。
     
  • だい2:「若菜わかな」から「まぼろし」まで。光源氏ひかるげんじ苦悩くのういをえがいている。
     
  • くもかくれ」:タイトルのみで本文ほんぶんし。光源氏ひかるげんじ示唆しさしている。
     
  • だい3:「におい兵部ひょうぶきょう」から「ゆめ浮橋うきはし」まで。光源氏ひかるげんじ死後しごえがいている。
     

 

だい3最後さいごの10じょう宇治うじ舞台ぶたいとしており、「宇治うじじゅうじょう」ともばれています。かくじょうは1じょう完結かんけつ構成こうせいで、その集合しゅうごうたいとして長大ちょうだい物語ものがたりができあがっているのです。

光源氏ひかるげんじ女性じょせいあい物語ものがたり中心ちゅうしんに、紫式部むらさきしきぶから貴族きぞく社会しゃかいかかわる女性じょせい苦労くろうばなし藤原ふじわら時代じだい摂関せっかん政治せいじなどがえがかれています。

平安へいあん時代じだい公家くげ文化ぶんか遺産いさんともうべきこの物語ものがたりは、おおくの現代げんだいやくがされています。明治めいじから大正たいしょう時代じだいにかけては与謝野よさの晶子あきこ昭和しょうわはいってからは谷崎たにざき潤一郎じゅんいちろうなど、著名ちょめい文豪ぶんごうがけました。

また現代げんだいやく以外いがいにも、現代げんだいふうきかえられた小説しょうせつやコミックなど、りやすいものがえ、気軽きがる平安へいあん時代じだい貴族きぞく社会しゃかいれることができますよ。

源氏物語げんじものがたり』のあらすじ

だい1主人公しゅじんこう光源氏ひかるげんじあい物語ものがたりです。きりつぼみかどである光源氏ひかるげんじは、おさなときくしたははている後宮こうきゅうであるふじつぼ、すなわちちち後妻ごさい恋焦こいこがれ、あいしてしまいます。

みなもとふじつぼあいだにはどもがまれるのですが、そのきりつぼみかどとしてそだてられました。さらにかれは、年上としうえあおいうえとの結婚けっこん空蝉うつせみ(うつせみ)、夕顔ゆうがお六条ろくじょう御息所みやすんどころ(ろくじょうのみやすどころ)とこいをし、まさにあい遍歴へんれきのストーリーとなっているのです。

みなもと自分じぶん政敵せいてきであった右大臣うだいじんむすめ朧月夜おぼろづきよ(おぼろづきよ)と関係かんけいったことからきょうわれ、須磨すまでの生活せいかつ余儀よぎなくされましたが、そこで明石あかしきみ出会であいます。

しかし右大臣うだいじんんだのちきょうもどり、ふじつぼとのどもが冷泉れいせんみかどとなったことでいきおいをかえし、六条院ろくじょういん栄華えいがある生活せいかつおくります。

だい2では一転いってんみなもと苦悩くのう世界せかいです。とき朱雀すざくいんむすめおんなさんみやみなもとあづけたため、みなもと本妻ほんさい立場たちばにあったむらさきうえやまいしてしまいます。

さらにおんなさんみや青年せいねん貴族きぞく柏木かしわぎ恋仲こいなかになってどもをみ、そのことをってしまったみなもといていく自分じぶんの、過去かこあやまちへの反省はんせいしんにさいなまれることになるのです。病気びょうきだった最愛さいあいむらさきうえぬにいたり、ついにかれ出家しゅっけすることを決心けっしんしました。

だい3みなもと死後しごはなしで、最後さいごの10じょう舞台ぶたい宇治うじへとうつります。ここではみなもとまごたちと、大君おおきみちゅうくん姉妹しまいなど、かれらを女性じょせいとの関係かんけい苦悩くのうが、光源氏ひかるげんじよろしくふたた展開てんかいされます。  

長編ちょうへんゆえに、すうおおくの人物じんぶつ登場とうじょうするのが『源氏物語げんじものがたり』の特色とくしょくです。おおくのほんには人間にんげん関係かんけいいているので、それを利用りようしながらすすめていくとかりやすいでしょう。

源氏物語げんじものがたり』の作者さくしゃ紫式部むらさきしきぶについて

平安へいあん時代じだい中期ちゅうき物語ものがたり作者さくしゃ歌人かじんであり、『源氏物語げんじものがたり』のほかに『紫式部むらさきしきぶ日記にっき』も代表だいひょうさくにあげられます。漢学かんがくしゃ藤原ふじわらためむすめとしてまれ、ちち知人ちじん役人やくにん藤原ふじわらせんこう結婚けっこんしますが、はやくに死別しべつみずからのさびしさをなぐさめるために『源氏物語げんじものがたり』をきはじめたとわれています。

その才能さいのうみとめられて一条天皇いちじょうてんのう中宮ちゅうぐう皇后こうごう同格どうかくきさき)である藤原ふじわら彰子あきこつかえますが、女房にょうぼう宮中きゅうちゅう部屋へやこう身分みぶん女官にょかん)の生活せいかつになじめなかったことが自身じしんいた物語ものがたりにも反映はんえいされており、その苦労くろうをうかがいることができるでしょう。

彰子あきこちちである藤原ふじわら道長みちながにも厚遇こうぐうされ、女房にょうぼうめいを「ふじ(とう)式部しきぶ」と名乗なのりました。後世こうせいに、登場とうじょう人物じんぶつのひとり「むらさきうえ」にちなんで「紫式部むらさきしきぶ」とばれるようになったとかんがえられています。

一条天皇いちじょうてんのう中宮なかみや彰子あきこ、そして藤原ふじわら道長みちながんだとされる『源氏物語げんじものがたり』。当時とうじ天皇てんのう貴族きぞくにまで人気にんきがあったのは、ストーリーせいみ、現実げんじつ人間にんげん関係かんけいちかいリアリズムとしての物語ものがたりえがいた彼女かのじょ作家さっかとしての実力じつりょくってもいいでしょう。

ビギナーズけの『源氏物語げんじものがたり入門にゅうもんしょ

本書ほんしょは「ビギナーズ・クラシックス 日本にっぽん古典こてん」シリーズのうちのいちさつ。『源氏物語げんじものがたりぜん54じょうについて、あらすじを最初さいしょしめし、つぎ抜粋ばっすいした場面ばめんつうしゃく意訳いやく説明せつめい)および原文げんぶんそうルビきではいし、最後さいご寸評すんぴょうくわえた構成こうせいになっています。

著者ちょしゃ
出版しゅっぱん
2001-11-01

注釈ちゅうしゃくしょやいわゆる現代げんだい訳書やくしょではなく、それらをむための前座ぜんざのような案内あんないしょという肩書かたがきがピッタリの内容ないようです。かくじょうのあらすじのまえじょうめいまきめい)の由来ゆらい主要しゅよう登場とうじょう人物じんぶつとその年齢ねんれいしめされていることも、非常ひじょう重要じゅうよう導入どうにゅう役割やくわりたしています。

コラムとしての用語ようご解説かいせつ図版ずはん随所ずいしょくわわっているのも親切しんせつで、付録ふろくの『源氏物語げんじものがたり』や紫式部むらさきしきぶかんする関係かんけい系図けいず年表ねんぴょうやくちます。

源氏物語げんじものがたり』のながれをつかむための、文字もじどおりビギナーズけとしては最良さいりょう入門にゅうもんしょでしょう。

大人おとな役立やくだつ!漫画まんがばん源氏物語げんじものがたり

本書ほんしょは「学研がっけんまんが日本にっぽん古典こてん」シリーズのうちいちさつで、文字もじどおり漫画まんがされた『源氏物語げんじものがたり』です。内容ないよう補足ほそくするコラム記事きじ掲載けいさいされているため、『源氏物語げんじものがたり』の世界せかいり、理解りかいふかめるのに役立やくだっています。

著者ちょしゃ
出版しゅっぱん
2014-03-14

 

イラストのうつくしさとおおきさが、小学生しょうがくせいでもきずにませるおおきなちからになっています。またかくしょう最初さいしょには人物じんぶつ関係かんけいしめされているため、人間にんげん関係かんけいあたまなか整理せいりできないときも、途中とちゅう確認かくにんしながらむことができるのです。
 

最後さいごの「宇治うじじゅうじょう」の部分ぶぶん記述きじゅつがありませんが、漫画まんがといえども『源氏物語げんじものがたり』の大筋おおすじのストーリーを理解りかいするための入門にゅうもんしょとしては、大人おとなでも十分じゅうぶん役立やくだつでしょう。

 

4コマ漫画まんがふうですらすらめる

異色いしょくの『源氏物語げんじものがたり』ともいえる本書ほんしょは、ぜん54じょう基本きほんてきに4コマ漫画まんが見開みひらき2ページぶんの8コマでえが構成こうせいになっています。

著者ちょしゃ
小泉こいずみ 吉宏よしひろ
出版しゅっぱん

光源氏ひかるげんじを「まろ」としょうして、ぐり(マロン)のかたちかおつキャラクターでえがくという作者さくしゃ発想はっそうがとてもユニーク。まれるようにすすめてしまうのではないでしょうか。

内容ないよう漫画まんがだけでなく、図版ずはん豊富ほうふ使つかった人物じんぶつ紹介しょうかい人間にんげん関係かんけい官位かんいひょうなどをふく解説かいせつくわわっています。漫画まんが欄外らんがいしるされたみなもと年齢ねんれいや、随所ずいしょ挿入そうにゅうされたおおきな和歌わか現代げんだいやくき)も本書ほんしょ特色とくしょくのひとつです。

これらの内容ないようがオールカラーばんというところも、読者どくしゃにとっては魅力みりょくてきでしょう。大掴おおづかみではあっても、作者さくしゃうとおりこれいちさつで『源氏物語げんじものがたり』を全部ぜんぶんだ気分きぶんになれそうです。

平安へいあんじんらしぶりをつたえる『源氏物語げんじものがたり』の解説かいせつしょ

本書ほんしょは『源氏物語げんじものがたりぜん54じょうを、1じょうごとにキャッチコピーをけ、あらすじと解説かいせつの2構成こうせいでまとめています。現代げんだいやく原文げんぶんしめされておらず、解説かいせつしょという位置いちづけになるほんです。

著者ちょしゃ
山本やまもと淳子じゅんこ
出版しゅっぱん
2014-06-10

じょうごとの解説かいせつではさまざまな話題わだいりあげられ、平安へいあんじんらしぶりをつたえてくれます。見出みだしの言葉ことばからそれらをひろいあげてみると、

後宮こうきゅうにおける天皇てんのう、きさきたちのいとかた
平安京へいあんきょうミステリーゾーン」
平安へいあん社会しゃかい学歴がくれき主義しゅぎ
平安へいあん政治せいじ姫君ひめぎみ入内じゅだい
やまいまねく、平安へいあんストレス社会しゃかい
平安へいあん不動産ふどうさん売買ばいばい相続そうぞく
平安へいあんしき天下取てんかとりの方法ほうほう」(『平安へいあんじんしんで「源氏物語げんじものがたり」をむ』から引用いんよう

などがあげられ、これらの言葉ことば平安へいあん時代じだい貴族きぞくあいせい世継よつぎ、出世しゅっせ、そしてそれらが政治せいじむすびついていることをかたってくれます。さらに、みなもと女性じょせいたちもふくめて、一見いっけん優雅ゆうがえる平安へいあん貴族きぞく生活せいかつにも苦悩くのう世界せかいがあることもおしえてくれます。

平安へいあんじん世界せかい様々さまざま角度かくどからとらえ、そこに読者どくしゃをいざなうことを目指めざした。」(『平安へいあんじんしんで「源氏物語げんじものがたり」をむ』から引用いんよう

という作者さくしゃ言葉ことば体現たいげんしている内容ないようです。

現代げんだい小説しょうせつ感覚かんかくむ『源氏物語げんじものがたり

本書ほんしょ表紙ひょうしには、スマホやタブレットで『源氏物語げんじものがたり』をんでいる姫君ひめぎみ女房にょうぼうえがかれています。

平安へいあんじんにも人気にんきはくしたこの長編ちょうへん小説しょうせつは、1000ねん年月としつき現代げんだいにもつづけられる名作めいさくですが、このはまさにその特色とくしょくしめしているようにおもわれます。

著者ちょしゃ
おもねかたな だか
出版しゅっぱん
2015-11-28

著名ちょめい現代げんだい作家さっかである作者さくしゃが、『源氏物語げんじものがたりぜん54じょう現代げんだい小説しょうせつえたものです。原文げんぶん現代げんだいやく記述きじゅつされていませんが、作者さくしゃ原文げんぶんみこなして十分じゅうぶん内容ないよう吟味ぎんみし、紫式部むらさきしきぶ登場とうじょう人物じんぶつ心情しんじょうをとらえているので、べつ物語ものがたりおおきくアレンジされたわけではありません。

作者さくしゃ斬新ざんしん視点してんれられ、随所ずいしょ挿入そうにゅうされた一文いちぶんコメントには、読者どくしゃもうなずきながらんでしまうでしょう。現代げんだい小説しょうせつ感覚かんかくめる『源氏物語げんじものがたり』です。

源氏物語げんじものがたり』は長大ちょうだい物語ものがたりです。現代げんだいやくでも全文ぜんぶんみとおすひとすくないとわれていますが、今回こんかい紹介しょうかいしたほんはあらすじや解説かいせつ構成こうせいされた入門にゅうもんしょ中心ちゅうしんです。これらをんだうえで、現代げんだいやく原文げんぶんでじっくりあじわっていただければとおもいます。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと もっと見る