(Translated by https://www.hiragana.jp/)
シンポジウム2011 – The Atomic Age
Skip to content


シンポジウム2011

ひらがなをつける | ひらがなをはずす


シンポジウム『かく時代じだい広島ひろしまから現代げんだいまで』は、
2011ねんがつ21にち)に開催かいさいされました。

2012年度ねんどのシンポジウムの情報じょうほうはこちら


ドキュメンタリー映画えいがとディスカッションをとおして、核兵器かくへいきかくエネルギーをかんがえる

とうシンポジウムの企画きかくは1ねん以上いじょうまえがりましたが、そのかく時代じだい広島ひろしまから現代げんだいまで』というタイトルをけた段階だんかいにおいても、「現代げんだい」という言葉ことば実際じっさいこるだい災害さいがいふくんでしまうとはまった想定そうていがいのことでした。とうシンポジウムは『「かく時代じだい」から70ねんぎた現在げんざい教育きょういく現場げんば地域ちいきにおいてわたしたちは核兵器かくへいきかくエネルギーの関係かんけいについてなにかんがえ、なに行動こうどううつすことが出来できるか』といういをおおきなテーマとしています。「かく時代じだい」とは、兵器へいきとしてのかくおよびエネルギーとしてのかく問題もんだい双方そうほうふくみ、さらに冷戦れいせん時代じだいから現在げんざいきびしい状況じょうきょうにまでいた時代じだいしめします。シンポジウム参加さんかしゃ全員ぜんいんにとって、チェルノブイリ事故じこから25ねんがたった今年ことし福島ふくしまきている事態じたいは、まさにその「かく時代じだい」をかんがえるうえでのあらたなる緊急きんきゅう事態じたいとしてせまっているのです。

とうシンポジウムにおける議論ぎろん焦点しょうてんとして、アメリカ出身しゅっしん女性じょせい映画えいが監督かんとくおよび日本にっぽん出身しゅっしん女性じょせい映画えいが監督かんとくによるふたつのドキュメンタリー映画えいが上映じょうえいいたします。監督かんとくにんくわえ、上映じょうえいのディスカッションおよびシンポジウムをめくくる座談ざだんかいには多様たよう分野ぶんや専門せんもん参加さんかする予定よていです。

M.T. シルヴィアによるアトミックマムは、ネバダ原子力げんしりょく実験じっけんしょはたらいていた科学かがくしゃ (Pauline H. Silvia) を母親ははおや監督かんとく自身じしんによる、米国べいこくにおけるかく実験じっけん影響えいきょうについてのドキュメンタリー映画えいがです。自身じしんはは過去かこさぐなかで、シルヴィアは広島ひろしまかいます。そこで彼女かのじょは、もう1にんの「アトミックマム」、被爆ひばくしゃ岡田おかだ恵美子えみこさんに出会であいます。一見いっけんまったことなる2人ふたり女性じょせい物語ものがたりはいつしかかさなりい、かくもちいること、かくかんしておおやけにされない物事ものごと存在そんざいと、それらによる人々ひとびと犠牲ぎせい輪郭りんかくあきらかになってきます。(金賞きんしょう「ベスト・ドキュメンタリー・フィーチャー」を受賞じゅしょうしました。くわしくは ROTWNEWS.com から)

かまなかひとみによるミツバチの羽音はおと地球ちきゅう回転かいてん日本にっぽんでの上映じょうえい情報じょうほう)は、山口やまぐちけん上関うわせきまちすすめられている原子力げんしりょく発電はつでんしょ建設けんせつ計画けいかくと、その建設けんせつ予定よてい真向まむかいに位置いちする祝島いわいしま人々ひとびとすうじゅうねんおよ反対はんたい運動うんどうについてのドキュメンタリー映画えいがです。建設けんせつ計画けいかくすすなか、エネルギー政策せいさくのオルタナティブをさがしに、監督かんとくはスウェーデンへと旅立たびだちます。

わたしたちが核兵器かくへいきかくエネルギーとどううのか——それは、わたしたちの身体しんたい健康けんこうに、民主みんしゅ主義しゅぎに、ひいては地球ちきゅうそのものにとって、いますぐわなければならないいです。わたしたちは、ほんシンポジウムをそのいにかんする対話たいわ契機けいきとし、教育きょういく現場げんば地域ちいきにおいて利用りよう可能かのう資料しりょう情報じょうほう提供ていきょうすることを目標もくひょうとします。

シンポジウムで “Downwinder” シャツを販売はんばいします

“Downwinder” シャツをとうシンポジウムにて1ちゃく10ドル(現金げんきんのみ対応たいおう)で販売はんばいいたします。利益りえきすべてシカゴ大学だいがく日本人にっぽんじん協会きょうかいの Relief & Rebuild 活動かつどうてられます。 “Downwinder” とは、直訳ちょくやくすれば「風下かざしも人間にんげん」であり、核兵器かくへいき実験じっけん原子力げんしりょく事故じこによる大気たいき地表ちひょう汚染おせんとうから放射線ほうしゃせんびた個人こじん集団しゅうだんのことを言葉ことばです。 “We Are All Downwinders” (わたしたちはみな downwinder である)というメッセージが背面はいめんんであります。サイズは S、M、L、XL、XXL、XXXLをご用意よういします(かずかぎりがありますのでご了承りょうしょうください)。

プログラム

午前ごぜん

  • 8:30 – 登録とうろくおよび朝食ちょうしょく(コンチネンタル)
  • 8:45 – 開会かいかいのあいさつ(ノーマ・フィールド)
  • 9:00-10:20 映画えいが『アトミックマム』上映じょうえい
  • 10:30-11:30 パネルセッション1(登壇とうだんしゃ:ケネット・ベネディクト、ジョセフ・マスコー、シドニー・ネーグル、M.T.シルヴィア、司会しかい宮本みやもとゆき)
    • 以下いかのトピックをふくみます:核兵器かくへいきかく実験じっけん原子力げんしりょく発電はつでん歴史れきし原子力げんしりょく科学かがく発展はってんにおける科学かがくしゃ役割やくわりおよび言説げんせつ変遷へんせんかく実験じっけん原子力げんしりょく発電はつでんおこなわれる場所ばしょかんする地理ちりてき問題もんだい

11:30-12:30 昼食ちゅうしょく無料むりょう

午後ごご

  • 12:30-2:30 映画えいが『ミツバチの羽音はおと地球ちきゅう回転かいてん上映じょうえい
  • 2:40-3:40 パネルセッション2(登壇とうだんしゃかまなかひとみ、デイヴィッド・クラフト、ロバート・ロズナー、山口やまぐち智美ともみ司会しかい:ノーマ・フィールド)
    • 以下いかのトピックをふくみます:エネルギー政策せいさく代替だいたいエネルギーの実践じっせん地域ちいきにおける対立たいりつ、イリノイしゅうでの運動うんどう
  • 3:50-5:30 座談ざだんかい司会しかい山口やまぐち智美ともみ
    • 以下いかのトピックをふくみます:原子力げんしりょく災害さいがい影響えいきょう原子力げんしりょく発電はつでんわる代替だいたいエネルギー、関連かんれんする情報じょうほう社会しゃかいえていくこと
  • 6:00- レセプション

当日とうじつ会場かいじょうにてアシスタンスを必要ひつようとされるほうは、事前じぜんにシカゴ大学だいがくひがしアジア研究所けんきゅうじょ (Center for East Asian Studies) までご連絡れんらくください。電話でんわ番号ばんごうは 773-702-2715 、メールアドレスは japan@uchicago.edu となっております。

*トップの写真しゃしんは、写真しゃしん Joseph Pobereskin (http://pobereskin.com/) によるものです。

*このウェブサイトは、 Sarah Arehart (シカゴ大学だいがくひがしアジア研究所けんきゅうじょ)がデザインし、 Masaki Matsumoto (シカゴ大学だいがく社会しゃかい科学かがく修士しゅうし課程かてい大学院生だいがくいんせい)によって管理かんりされています。

シンポジスト

M.T. Silvia (M.T. シルヴィア) – 映画えいが監督かんとく (Twitter)
フリーの映画えいが監督かんとく最初さいしょのドキュメンタリー作品さくひんである「ピカデリードライブ」(2002ねん、ドキュメンタリー、57ふん)は、KQEDのイメージメーカーシリーズ、フリースピーチTVてれびにて放映ほうえいされ、ホームビデオとして販売はんばいされている。映画えいが業界ぎょうかいのエンジニアとしてスカイウォーカー・サウンドやピクサー・アニメーション・スタジオなどで 20ねん以上いじょうのキャリアをかさねてきた。 商業しょうぎょう映画えいが仕事しごとおおく、『ワイルド・アット・ハート』(1990 劇映画げきえいが 124ふん)の録音ろくおんエンジニア、『It’s Elementary (イッツ・エレメンタリー)』(1996 ドキュメンタリー 80ふん),『Mary Jane’s Not a Virgin Any More (メアリー・ジェーンはもう処女しょじょではない)』(1997 劇映画げきえいが 98ふん)などの音声おんせい編集へんしゅう助手じょしゅをつとめた。
かまなかひとみ – 映画えいが監督かんとく (Twitter)
大学だいがく卒業そつぎょう同時どうじにフリーの助監督じょかんとくとしてドキュメンタリーの現場げんばへ。文化庁ぶんかちょう助成じょせいけてカナダ国立こくりつ映画えいが製作所せいさくしょ滞在たいざいし、のち米国べいこくなどで活動かつどう。1995ねん帰国きこくはNHKで医療いりょう経済けいざい環境かんきょうをテーマに番組ばんぐみ多数たすう制作せいさく環境かんきょう、エネルギーなどマスメディアがあつかわないテーマを追求ついきゅうし、ドキュメンタリー映画えいが市民しみん自主じしゅ上映じょうえいしてもらう方法ほうほう作品さくひんとどけている。2003ねんにドキュメンタリー映画えいが『ヒバクシャー 世界せかいわりに』を、2006ねんに『ろくヶ所かしょむらラプソディー』を発表はっぴょう全国ぜんこく650ヶ所かしょ上映じょうえいされた。2010ねん公開こうかいされた最新さいしんさく『ミツバチの羽音はおと地球ちきゅう回転かいてん』が全国ぜんこく上映じょうえいされている。現在げんざい大学だいがくとうおしえながら、映像えいぞう作家さっかとして活動かつどうつづけている。
Kennette Benedict (ケネット・ベネディクト) – The Bulletin of the Atomic Scientists 代表だいひょう取締役とりしまりやく発行はっこうじん
The Bulletin of the Atomic Scientists(『ブリティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ』米国べいこく原子力げんしりょく科学かがくしゃ団体だんたい発行はっこう雑誌ざっしはマンハッタンプロジェクトにかかわった科学かがくしゃたちにより1945ねん設立せつりつされた雑誌ざっしで、核兵器かくへいきやその破壊はかいてき脅威きょうい危険きけんかんして、一般いっぱん市民しみん情報じょうほうながすことを目的もくてきとする。1992ねんから2005ねんにかけて、ベネディクトはジョン・D&キャサリン・T・マッカーサー財団ざいだん国際こくさい平和へいわ安全あんぜんプログラムの代表だいひょうをつとめた。また、1992ねんから2002ねんあいだには、きゅうソ連それんにおけるマッカーサー財団ざいだんのイニシアチブをげ、代表だいひょうをつとめた。マッカーサー財団ざいだんでの仕事しごとはじめた1987ねん以前いぜんには、ラトガーズ大学だいがく(1980−81)、イリノイ大学だいがくアーバナ・シャンペンこう(1981−1985)において教鞭きょうべんをとった。オベリン大学だいがく学士がくしごう、スタンフォード大学だいがく政治せいじがくのPh.D.を取得しゅとくしている。こちらから英語えいごのプロフィール全文ぜんぶんにアクセスできます。
David Kraft (デイヴィッド・クラフト) – Nuclear Energy Information Service [NEIS] (かくエネルギー情報じょうほうサービス)
かくエネルギー情報じょうほうサービスの代表だいひょうかくエネルギー情報じょうほうサービスは、1981ねん、クラフトと7にん運動うんどう共同きょうどう設立せつりつし、原子力げんしりょく被爆ひばく被害ひがい、および原子力げんしりょく代替だいたいエネルギーについて信頼しんらいのおける情報じょうほう供給きょうきゅうすることを目的もくてきとした団体だんたいである。クラフトはエバンストンのノースウェスタン大学だいがくと、シカゴのノースイースタン大学だいがく、そして工業こうぎょう地域ちいき財団ざいだん/アリンスキー社会しゃかい変革へんかく研究所けんきゅうじょ(the Industrial Areas Foundation/ Alinsky Institute for Social Change ) で学部がくぶ時代じだいごした。シカゴ地域ちいきすうおおくの出版しゅっぱんメディアに寄稿きこうしつつ、原子力げんしりょくかく廃棄はいきぶつ再生さいせい可能かのうなエネルギー、事業じぎょう規制きせい緩和かんわ環境かんきょう問題もんだいなどについて、 イリノイしゅう全米ぜんべいで、また国際こくさいてき活動かつどうするジャーナリストたちに情報じょうほう提供ていきょうしたりインタビューをけるなどもしている。またこれらの問題もんだいかんする委員いいんかいやアドバイザーグループなどに所属しょぞくし、「劣化れっかウラン国際こくさい会議かいぎ」(ドイツ・ハンブルグ2003ねん)、「原子力げんしりょくどもの健康けんこう会議かいぎ(シカゴ2004ねん)「市民しみん疾病しっぺいのステップへ」会議かいぎ(エバンストン2005ねん)「チェルノブイリから20ねん未来みらいのための記憶きおく会議かいぎ(ウクライナ・キエフ2006ねん)など様々さまざま主要しゅよう国際こくさい会議かいぎ企画きかく運営うんえいしてきた。ご連絡れんらくはメールにて、neis@neis.orgまで。
Joseph Masco (ジョセフ・マスコー) – シカゴ大学だいがく人類じんるい学部がくぶ
シカゴ大学だいがく人類じんるい学部がくぶおよび学部がくぶ社会しゃかい科学かがくプログラムじゅん教授きょうじゅ科学かがく技術ぎじゅつ米国べいこく安全あんぜん保障ほしょう文化ぶんか、ポリティカル・エコロジー、マスメディアや批判ひはん理論りろんなどについて教鞭きょうべんをとる。最初さいしょ著書ちょしょであるThe Nuclear Borderlands: the Manhattan Project in Post-Cold War New Mexico (『かくのボーダーランド:冷戦れいせんのニューメキシコしゅうにおけるマンハッタンプロジェクト』 プリンストン大学ぷりんすとんだいがく出版しゅっぱんきょく 2006) においては、ニューメキシコしゅうのロスアラモス国立こくりつ研究所けんきゅうじょないおよび近隣きんりん多様たようなコミュニティにおいて、冷戦れいせんわりが安全あんぜん危険きけんという概念がいねんをどのようにるがしたかを検討けんとうすることで、かく時代じだいについて理論りろんした。現在げんざいは、米国べいこくにおける国家こっか安全あんぜん保障ほしょうのありかた構築こうちく変遷へんせんについて、国内こくないにおける公共こうきょう空間くうかんないでの感情かんじょう技術ぎじゅつ脅威きょうい理解りかい相互そうご作用さようとく焦点しょうてんてつつ分析ぶんせきする研究けんきゅうをすすめている。
Sidney Nagel (シドニー・ネーグル) – シカゴ大学だいがくぶつ理学部りがくぶ
シドニー・ネーグルの研究けんきゅうは、これまで物理ぶつりがく範疇はんちゅうではないと科学かがくしゃによっておもわれてたようなえきしずく粒状りゅうじょう物質ぶっしつ・ジャミング転移てんい科学かがくてき現象げんしょうりあげてた。さらに、みやつこ不規則ふきそくけい物理ぶつりてき性質せいしつにも注目ちゅうもくしている。元素げんそ化合かごうぶつ完全かんぜん結晶けっしょう規則正きそくただしくならんだ原子げんしによって出来上できあがっているが、それは不規則ふきそくなシステムの内部ないぶでの出来事できごとだ。原子げんしがそのような不規則ふきそく状態じょうたいにあるひとつのれいは、ガラスである。不規則ふきそくけいたとえば砂場すなばにある砂粒さりゅうなどの、より規模きぼおおきいところにも存在そんざいする。ネーグルはこれまで、米国べいこく科学かがくアカデミーへの選抜せんばつ(2003)およびアメリカ物理ぶつり学会がっかいのオリバー・バックリーしょう(1999)をけている。
Robert Rosner (ロバート・ロズナー) – シカゴ大学だいがく天文学てんもんがく天体てんたいぶつ理学部りがくぶ物理ぶつり学部がくぶ
ロバート・ロズナーはアルゴンヌ国立こくりつ研究所けんきゅうじょ自然しぜん科学かがく生物せいぶつ科学かがく・コンピューターサイエンス部門ぶもんふく所長しょちょうけん主任しゅにん研究けんきゅういんを2002までつとめ、その2005ねん研究所けんきゅうじょちょう就任しゅうにんした。米国べいこく芸術げいじゅつ科学かがくアカデミー会員かいいんでもある。科学かがくしゃとしてのせんもんは、天体てんたいプラズマ物理ぶつりがく−すなわち太陽たいよう天体てんたいについての物理ぶつりがくである。ロズナーのリーダーシップのもとに、アルゴンヌ国立こくりつ研究所けんきゅうじょとシカゴ大学だいがく科学かがくしゃ協力きょうりょくし、Center for Astrophysical Thermonuclear Flashes(天体てんたい物理ぶつりねつかく融合ゆうごう発光はっこうセンター)を1997ねん設立せつりつし、2002ねんまで所長しょちょうをつとめた。センターは分野ぶんや応用おうよう可能かのうな、コンピューターのコードを使つかった天体てんたい爆発ばくはつのシミュレーションを開発かいはつしている。
Norma Field (ノーマ・フィールド) – シカゴ大学だいがくひがしアジア言語げんご文明ぶんめい学部がくぶ
シカゴ大学だいがくひがしアジア言語げんご文明ぶんめい学部がくぶ教鞭きょうべんをとる。著書ちょしょのうち『天皇てんのうくにで』(1989)においては、昭和しょうわ天皇てんのう重体じゅうたいおちいいたあいだ敗戦はいせんのトラウマや戦後せんごの「平和へいわ繁栄はんえい」という枠組わくぐみにとらわれてりになっていた「戦争せんそう責任せきにん」の課題かだいにむきあう市民しみんりとなる。『小林こばやし多喜二たきじ:21世紀せいきにどうむか』(2009)においては、1920年代ねんだい、30年代ねんだい世界せかいてき革命かくめい闘争とうそうなかにおける、代表だいひょうてき日本にっぽんのプロレタリア文学ぶんがくしゃである多喜二たきじ政治せいじてきおよび文学ぶんがくてき闘争とうそうえがいた。フィールドは、おおくの現象げんしょうにおいて、階級かいきゅうせい役割やくわり注目ちゅうもくしている。『広島ひろしま長崎ながさきえて』というシカゴ大学だいがく学部がくぶせいけの授業じゅぎょうは、日本にっぽんのみならず、米国べいこくにおいて、広島ひろしま長崎ながさき原爆げんばく投下とうか核兵器かくへいき生産せいさん原子力げんしりょく発電はつでん劣化れっかウラン使用しよう遺産いさんについて考察こうさつするものである。
宮本みやもとゆき – ドゥ・ポール大学だいがく宗教しゅうきょう学部がくぶ
シカゴ大学だいがく宗教しゅうきょう学部がくぶ宗教しゅうきょう倫理りんりがくでPh.D.取得しゅとく、DePaul大学だいがくじょきょうとして就任しゅうにん原爆げんばく論説ろんせつおも研究けんきゅう分野ぶんやとし、2011ねんにフォーダム大学だいがく出版しゅっぱんしゃより『きのこぐもえて:ヒロシマ追悼ついとう宗教しゅうきょう責任せきにん』を出版しゅっぱん予定よてい。この分野ぶんやにおけるその出版しゅっぱんぶつは、仏教ぶっきょうとカトリックとの原爆げんばく理解りかい比較ひかくした「浄土じょうどへの輪廻りんねかみ犠牲ぎせいひつじか:広島ひろしま長崎ながさき原爆げんばくにおける宗教しゅうきょうてき解釈かいしゃく」がある。倫理りんりがく差別さべつ意識いしき問題もんだい念頭ねんとうに、『えないもの』―それが被爆ひばくしゃであれ戦死せんししゃであれ―に意識いしきける重要じゅうようせい模索もさくした論文ろんぶんに「戦火せんか女性じょせいきつね幻想げんそう倫理りんりてき責任せきにん」がある。(『Imagination Without Borders: Feminist Artists and Social Responsibility』に収録しゅうろく。)このほか広島ひろしま長崎ながさきおとずれる研修けんしゅう旅行りょこう現在げんざいまでにさん引率いんそつし、2010ねん長崎ながさき平和へいわ特使とくし任命にんめい
山口やまぐち智美ともみ – モンタナ州立しゅうりつ大学だいがく社会しゃかいがく人類じんるい学部がくぶ (Twitter: 日本語にほんご / 英語えいご)
シカゴ大学だいがくひがしアジア研究所けんきゅうじょで3年間ねんかん、ポストドクトラル研究けんきゅういんをつとめたのち、2007ねんにモンタナ州立しゅうりつ大学だいがくじょきょう就任しゅうにん文化ぶんか人類じんるいがく日本にっぽん研究けんきゅう授業じゅぎょうなか核兵器かくへいき原子力げんしりょくかんする問題もんだいあつかうかたわら、地元じもとのモンタナしゅうボーズマンにおいて、2008ねんあき開催かいさいされた全米ぜんべい原爆げんばくてん企画きかくしゃとなった。原爆げんばく写真しゃしんてん映画えいがシリーズや被爆ひばくしゃによるトークセッションなどをおこなったが、 熱心ねっしん支援しえんしてくれた市民しみんおおくいたかたわらで、かなりの反発はんぱつけることとなった。現在げんざい日本にっぽん保守ほしゅ市民しみん運動うんどうについて調査ちょうさ研究けんきゅうをすすめており、核兵器かくへいき原子力げんしりょく問題もんだいかんしても保守ほしゅけい運動うんどうにインタビュー調査ちょうさをすすめている。そのなかには、今回こんかい上映じょうえいされるかまなかひとみ監督かんとく映画えいがのテーマでもある、上関かみのせき原子力げんしりょく発電はつでんしょ建設けんせつ計画けいかく推進すいしんするがわにたつ人々ひとびとふくまれている。